広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

更新情報一覧

平成28年度2次補正予算・持続化補助金の追加公募開始について(中国経済産業局より)
2017-04-18
(事業概要)
受付期間:平成29年4月14日(金)~平成29年5月31日(水)【締切日当日消印有効】
対象者:全国の小規模事業者
補助率: 補助対象経費の3分の2以内
補助上限額:50万円
      500万円(複数の事業者が連携した共同事業)
 ※1次公募でありました”賃上げ””雇用対策””海外展開””買物弱者対策”に取り組む事業者ついて補助上限額を100万円まで認める措置は、今回の公募ではございません。
 ※経営者が60歳以上の小規模事業者においては、「事業承継診断表」の提出が必須となります。
 ※事業承継に取り組む事業者からの申請の場合には政策加点があります。(詳細な要件は公募要領をご確認願います。)
 
(全国団体URL)
※公募の詳細については、下記のURLより公募要領等をご参照ください。
全国商工会連合会
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 事務局
外国為替及び外国貿易法に基づく北朝鮮輸出入禁止措置の「2年間」延長について(中小企業庁より)
2017-04-18
4月7日)閣議決定されました「外国為替及び外国貿易法に基づく北朝鮮に係る対応措置について」に基づき、北朝鮮を仕向地とする全ての貨物の輸出禁止及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする全ての貨物の輸入禁止等の措置を引き続き講ずることとしました。
 
経営力向上設備等の対象範囲と「経営力向上計画」の申請様式が変わりました!(中小企業庁より)
2017-04-18
経営力向上計画を実施する上で必要となる「経営力向上設備等」については、これまで機械装置に限定されていましたが、今般、サービス業を中心とする中小企業の一層の生産性向上を図る観点から、対象設備の種類を器具備品、工具、建物附属設備等に拡充することといたしました。
同時に、「経営力向上設備等」の証明書類に関しても、従来の工業会等による証明書に加え、投資計画に関する、経済産業大臣の確認書が対象となります。
また、設備の種類が増えることに伴い、経営力向上計画における経営力向上設備等に関する記載事項も変わることになります。
認定を受けた経営力向上計画に記載された経営力向上設備等については、税法上のその他の要件を満たした場合、固定資産税特例や中小企業経営強化税制の対象となります。
本制度を活用し、より一層の経営強化と生産性向上にお役立ていただければ幸いです。

◎税制措置・金融支援活用の手引き【PDF】


◎Q&A集(中小企業経営強化税制、固定資産税特例)【PDF】

経営力向上設備等の取得に関しては、以下の手続きが必要となります。
 

(1) 工業会等による証明書や、経済産業局による投資利益率に関する確認書を取得。
(2) 当該設備を利用し生産性を上げるための「経営力向上計画」を策定し、各事業分野の担当省庁から認定を受ける。
(3) 認定を受けた計画に基づき、当該設備を取得。
上記の通り、これまでの生産性向上設備投資促進税制及び中小企業投資促進税制の上乗せ措置とは異なる手続きが必要になりますので、十分にご注意ください。

※経営力向上設備等の証明書類、経営力向上計画の申請書類・申請方法については、中小企業庁HPをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2017/170315kyoka.htm

ひろしま知財塾 初級編<広島会場(春コース)・福山会場>(一般社団法人広島県発明協会より)
2017-04-13
この『ひろしま知財塾』は、少人数ゼミ形式で進行し、受講者・講師がキャッチボール形式で問題に取り組むなかで、知財スキルの向上・活用拡大が図れるセミナーです。
また受講者同士の議論が活発に行われることにより、知財人材の交流の場としてもご活用いただけます。
初級編では、知財初心者を対象に、企業における知財活動の意味をご理解いただくとともに、基礎知識をわかりやすく解説いたします。

●ご案内チラシ【PDF】

 ■開催日時:
   <広島会場>第1回 平成29年6月 1日(木)
        第2回 平成29年7月 6日(木)
               第3回 平成29年8月 3日(木)
               第4回 平成29年9月 7日(木)
 
   <福山会場>第1回 平成29年5月31日(水)
               第2回 平成29年7月5日  (水)
               第3回 平成29年8月2日  (木)
               第4回 平成29年9月6日  (木)
             開催時間 各回 13:30~17:00
             ※広島会場では、同じプログラムで秋コースも実施する予定です。
■会  場:<広島会場>広島発明会館 4階 研修室(広島市中区千田町3-13-11)
          <福山会場>福山商工会議所 3階 305会議室(福山市西町2-10-1)
■対  象:知財初心者(技術者、新入社員、知財兼任者等)
■参加費:会員3,800円/1回(税込4,104円) 
          一般7,600円/1回(税込8,208円)
     ※4回続けて受講される場合、特別価格にて受講できます。
     会員13,000円/4回(税込14,040円)  
          一般26,000円/3回(税込28,080円)  
     ※広島県発明協会会員の方は、参加補助券をご利用になれます。
     ※知的財産管理技能士の方は、会員価格にて受講できます。
■定  員:各会場 10名程度
■講  師:特許業務法人 前田特許事務所 弁理士
■問合せ:一般社団法人広島県発明協会 担当:吉村、小山
           TEL 082-241-3940   FAX 082-241-4088
「新市場創造型標準化制度」・「標準化活用支援 パートナーシップ制度」の説明会及び相談会のご案内(中国経済産業局より)
2017-04-12
 経済産業省が平成26年7月以降、中堅・中小企業の活性化のため推進している新市場創造型標準化制度に関しまして、一般財団法人日本規格協会では、我が国の中堅・中小企業の優れた技術や製品の標準化を進め、新市場を創出するため、標準化活用支援パートナーシップ制度を活用して、その普及・啓発等に努めてまいりました。
 平成29年3月末現在、26テーマに着手し、うち、5件はJISとして官報公示されております。
このたび、中国地区への中堅・中小企業への普及・促進を加速させるため、新市場創造型標準化制度の戦略的活用・具体的成功事例紹介を中心とした標準化研修及び企業相談会を広島市内において開催します。
標準化につき関心・興味をお持ちの企業様等は、この機会に是非奮ってご参加ください。
ご出席は予めご連絡の程を宜しくお願いします。
 
◇開催日時:2017年 5月26日(金)13時15分~16時45分(受付12:45~)
◇会 場 :広島商工会議所ビル2階202会議室(広島市中区基町5-44)
◇対象者 :中国地区の中堅・中小企業等
◇参加費 :無料
◇定 員 :申込み先着順80名まで(定員に達し次第、締め切らせて頂きます)
<ご案内と参加申込書>

<お問い合わせ先>
日本規格協会の総合標準化相談室・新市場創造型標準化支援チーム
TEL:03-4231-8540
E-MAIL:stad@jsa.or.jp
 
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »