広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

更新情報一覧

青年中央会「平成28年度県知事を囲んでの集い」を開催しました
2017-03-17
 湯﨑広島県知事、「成果志向の行政経営」について大いに語る~
「平成28年度県知事を囲んでの集い」
 
 広島県中央会(会長 伊藤學人)及び広島県青年中央会(会長 田口裕司)は、2月1日、リーガロイヤルホテル広島にて「平成28年度県知事を囲んでの集い」を開催し、組合青年部関係者等約60名が出席した。伊藤中央会会長及び田口青年中央会会長より主催者挨拶が行われた後、「成果志向の行政経営について~しごとの強化書~」をテーマに、湯﨑英彦広島県知事より講演が行われた。
講演で湯﨑知事は、「民間と行政は組織の行動原理も同じで、働いているのも同じ人間だが、民間と行政の一番大きな相違点は永続性にある。民間企業は売上を出さないと活動が続かず廃業を余儀なくされるが、行政はサービスの満足度と関係なく税金徴収できて廃業がない。「廃業の恐れ」に代わる内部規律の意識が必要である。新しい行政改革の方向性は、より成果を強く意識した行政経営(成果志向)をすることである。広島県庁で常に意識づけしている3つの視座は、「真の県民起点の徹底(カスタマーファースト)」、「現場主義」、「予算志向から成果志向への転換」である。行政は予算をいくら計上したかと評価されて来たが、予算はあくまで成果実現のためのコストであり少ないに越したことはないという原点に立ち返るべきである。成果とは、予算計上の大きさではなく、個人、法人問わず、県民の皆様に良い変化をもたらすことである。行政の仕事の成果として“何が変わったか”が重要であり、メディアも県民もその点に着目してほしいと考える。 平成21年に県知事へ就任して以降、「Critical mass」によって、観光予算を倍増させた。ようやく、3年後に効果が現れ始めた。「がん検診」もキャンペーン開始当初は奇抜な広島県出身の芸能人の抜擢に多額の予算を投入し批判もあったが、認知度・関心度向上という効果があった。
 今後の行政経営については、戦略、組織、資源の3つの観点から、PDCAを徹底して回し、県民の皆様にとって広島という地域価値を高めるため、日本一強い県庁組織の実現を目指す。」と語られた。湯崎県政7年にわたる行政内部の地道な経営改革について紹介され、参加した青年経営者一同、経営について改めて考える良い機会となった。
 湯﨑知事の講演終了後、下記の2組合より、組合青年部活動事例発表が行われ、作業着ファッションショーによる職場活性化や、組合連携によるNASAへの納入事例の説明が行われた。各組合の発表内容について湯﨑知事よりコメントがあり、青年部活動についての新たな発見とこの活動へのエールを述べられた。
 
○「広島県立広島工業高校での電気業界理解促進事業について」
 (広島県電気工事工業組合青年部)
○「東青会活動報告」
 (広島県東部機械金属工業協同組合東青会)
 
 講演会終了後は、懇親会が開催された。湯﨑知事は懇親会中に各テーブルを回り、各業界の青年経営者等と交流を図る場面が見られるなど、盛況のまま閉会となった。
  

伊藤中央会会長


田口青年中央会会長
 
湯﨑広島県知事


講演会には青年経営者約60名が出席
平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の採択結果等について
2017-03-17

 本事業については、平成28年11月14日(月)から平成29年1月17日(火)(電子申請:1月18日(水))までの期間において公募を行いましたところ、全国で15,547件の応募がありました。
地域採択審査委員会および全国採択審査委員会において厳正な審査を行った結果、当地域事務局では以下のとおり132件を採択することといたしました。 

● 平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」採択案件一覧(PDF形式)

 
【全国事務局】
全国中小企業団体中央会 事業推進本部 ものづくり補助金事業部

【広島県地域事務局】
広島県中小企業団体中央会
3月のプレミアムフライデーは、31 日(金)です!(中国経済産業局より)
2017-03-16
2月24日(金)に実施いたしましたプレミアムフライデーについて、実態調査の結果が公表されました。

早帰りした人のうち、87.6%の人が「豊かな時間を過ごすことができた」とし、消費喚起に取り組んだ企業の27.7%が売上が増えたと回答しております。

なお、3月のプレミアムフライデーは、31日(金)になります。

○3月のプレミアムフライデーは31日(金)です!【PDF】

○2月24日(金)第1回「プレミアムフライデー」実態調査【PDF】
IT導入で商売繁盛!「プラスITフェア」の案内(中小企業庁より)
2017-03-16
~経営力向上・販路拡大・業務効率化・生産性向上等、ITで会社の未来が変わる!~
 
経済産業省中小企業庁は、中小企業・小規模事業者のITの利活用を推進するため、Tを利活用して稼いでいる中小企業者への有識者によるインタビュー、最新ITツールの展示会、ITの専門家による相談会等を実施します。
 
■日 時  平成29年4月12日(水)11:00~18:00
■場 所  広島国際会議場(広島市中区中島町1-5)
■内 容(予定)
(1)IT導入補助金説明会
(2)ITベンダーによるITツール展示会・紹介
(3)ITコーディネーター等によるIT相談会 など
■参加料  無 料
■申込・  プラスITフェア事務局
 問合先  TEL:03-3431-5088 mailto:plusit@links-ad.com
■詳細情報 http://www.it-fair.go.jp/
新事業創出チャレンジ企業支援事業助成金の公募について(公益財団法人ひろしま産業振興機構より)
2017-03-16
 ひろしま産業振興機構では、新技術、新商品・新サービスの発掘に基づく成長戦略の支援強化策として、従来、手薄であった事業化、市場化段階の取り組みに対し、資金面で支援する事業を公募します。新事業の創出に向け、チャレンジされる皆様のご応募をお待ちしています。
 
■対象者  中小企業者、企業組合、協業組合、創業予定者等
■対象事業 新たな事業分野への開拓を目指す次に掲げる事業
 (1)事業化促進事業
   ◇企画調査・試作品製造・商品改善・ビジネスモデル構築
 (2)市場化促進事業等
   ◇販売計画・広報活動・見本市出展等
■助成率
 (1)事業化促進事業:助成対象経費の2/3以内
 (2)市場化促進事業:助成対象経費の1/2以内
■助成限度額
 (1)事業化促進事業:300万円以内
 (2)市場化促進事業:100万円以内
■公募期間 平成29年3月1日(水)~4月14日(金)17時[必着]
■提出・  (公財)ひろしま産業振興機構 中小企業・ベンチャー総合支援センター
 問合先  起業化・事業化支援担当(担当:蔵田・廣井) TEL:082-240-7701
      FAX:082-249-3232 mailto:h_challenge@hiwave.or.jp
« 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 »