広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

国・県などの施策情報

「中国地域中小企業・人材コーディネート事業キックオフセミナー」を開催します(中国経済産業局より)
2017-05-16
 今回ご案内するイベントは、平成29年度中小企業庁人材対策事業(地域中小企業・小規模事業者の人手不足対策が中心)の中国地域における実施プロジェクトのキックオフイベントとなります。
基調講演講師として「働き方改革実現会議」メンバーである白河桃子様をお招きし、本年3月28日に同会議が決定しました「働き方改革実行計画」のポイントなどをお話いただきます。
併せて、中小企業庁事業の中国地域における今年度事業計画、広島県の取り組む働き方改革の内容、更にはプレミアムフライデーについてもご紹介させていただきます。
是非この機会にご参加いただけますようご案内いたします。
 
 
☆中国地域中小企業・人材コーディネート事業キックオフセミナー☆
■日時:平成29年5月29日(月)14:00-17:00
■会場:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前ホール3A
■主催:中国経済産業局、広島県(働き方推進・働く女性応援課)
■定員:100名程度(参加無料)
【プログラム】
<基調講演> 演題:「働き方改革実行計画のポイントについて」
 講師:少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大学客員教授
    白河桃子 氏
<事業等紹介>
(1)「中国地域中小企業・人材コーディネート事業」について
 事業統括コーディネーター 大森一弘(一般社団法人EACH)
 シニアコーディネーター 橋詰幹雄(株式会社メットコーポレーション)
(2)プレミアムフライデーについて
 中国経済産業局産業部 流通・サービス産業課長 稲原宏昭
(3)広島県の働き方改革推進に向けた取り組み
 広島県商工労働局 働き方改革推進・働く女性応援課長 新宅郁子
■問合せ先
 中国経済産業局 産業人材政策課(担当 高城・松本)
 TEL 082-224-5683
■申込み先/事業受託先(※以下リンクの申込書でお申し込みください)
 株式会社帝国データバンク 顧客サービス統括部
 産業調査課第5課(担当 植田、菅原)
 申込みFAX: 03-5775-3167
 申込みmail: chugoku.jinzai@mail.tdb.co.jp
 
第2回日本サービス大賞の募集について(公益財団法人日本生産性本部より)
2017-05-16
公益財団法人日本生産性本部及びサービス生産性協議会が主催する日本サービス大賞は、多岐にわたる業種の多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、優れたサービスを表彰する制度です。
第1回に続き、国内のすべてのサービス提供事業者を対象に、「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を有する“きらり”と光るサービスを幅広く表彰します。
本賞を通じて、サービス提供事業者のより一層の士気向上やイノベーションを促します。
一次産業、二次産業におきましても、付加価値を高めるような事業のサービス化を含め、より多くのご応募をお待ちしています。
 
(締切)平成29年8月31日(木)【15時必着】 
 
 
世界中で感染が拡大中のランサムウエアに関する注意喚起について(中小企業庁より)
2017-05-16
先週より世界中で感染が拡大中の、ランサムウエア"WannaCrypt"に悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策についてです。
 
*ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を 組み合わせた造語です。感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の 解除と引き換えに金銭を要求する挙動から、このような不正プログラムを ランサムウェアと呼んでいます。
2017年5月12日ごろより世界中で"WannaCrypt"などと呼ばれるマルウエアに関する被害が報じられ国内でも"WannaCrypt"による感染や被害に関する情報が確認されています。
 
*マルウエアとは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。
 
当該マルウエアの感染や、感染後の拡大を防ぐために、不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしないことや、ウィルス対策ソフトウエアの定義ファイルを最新版に更新すること等が推奨されています。
Microsoft社から提供されている修正プログラムやアップデート方法なども含め、詳細は下記の独立行政法人情報処理推進機構の情報をご参照ください。
 
「働き方・休み方改善に向けた労働時間等のルールの定着」についてセミナーを開催します(厚生労働省より)
2017-05-16
近年、景気は緩やかな回復基調が続いているものの、民事上の個別労働紛争の相談件数は高止まりしており、個別労働関係の安定を図るためには、労働契約の基本的なルールを定めた労働契約法の内容のきめ細やかな周知を行うことにより、労使双方が労働契約法を積極的に活用するよう働きかけることが必要です。
また、平成25年4月に施行された改正労働契約法により、同一の使用者との間で、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルール(無期転換ルール)が導入されたところです。改正労働契約法の施行から5年を迎える平成30年4月以降、多くの有期契約労働者に期間の定めのない労働契約への転換を申し込むことのできる権利(無期転換申込権)が発生することから、その直前である平成29年度は無期転換ルールの定着に向けた集中的な支援を行うことが必要です。
このため、厚生労働省では、平成29年度は前年度より回数を増加させ、労働契約法等に関するセミナー(平成29年度受託者:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社)を5月下旬から順次、全国47都道府県において実施することとしたところです。
 
【広島開催日程】
開催日:6/7(水)
開催場所:TKP広島平和大通りカンファレンスセンター(広島市中区小町3番19号 MG広島小町ビル)
開催日:7/6(木)
開催場所:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前(広島市南区大須賀町13-9 ベルヴュオフィス広島)
開催日:11/8(水)
開催場所:福山プラザホテル2階 大会議室+中会議室(福山市住吉町1-40)
開催日:12/7(木)
開催場所:TKP広島平和大通りカンファレンスセンター3階(広島市中区小町3番19号 MG広島小町ビル)


http://www.chuokai-hiroshima.or.jp/cms/resource//e884e74ba45d9d676fc2161a48398c9f/file/H29/29hatarakikata.pdf
「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」の開催について(広島県より)
2017-05-16
ひろしま自動車産学官連携推進会議(*)は、エネルギー専門部会の活動の一環として、2017年6月14日(水)に、広島大学の東千田キャンパス(広島市)において、「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」を開催します。
 
  本シンポジウムでは、将来の自動車用エネルギーの1つとして注目されている、バイオマスを由来とするカーボンニュートラルな液体燃料の持つ可能性とその実用化に向けた課題について、産官学それぞれの領域の専門家から解説をいただきます。
 
<「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」の概要>
日時: 2017年6月14日(水)12:30~16:05(受付開始:11:30) 
会場: 広島大学 東千田未来創生センター
主催: ひろしま自動車産学官連携推進会議
 
※プログラム、申込方法など
※参加申込書
 
(*)ひろしま自動車産学官連携推進会議
■設置時期:2015年6月11日(木)
■目的:広島地域の自動車産業を活性化するための旗印として掲げた「2030年産学官連携ビジョン」の着実な実現
■常任団体:ひろしま産業振興機構、マツダ株式会社、国立大学法人広島大学、中国経済産業局、広島県、広島市
 
【プログラム、参加申し込みに関するお問い合わせ先】
中国経済産業局内 ひろしま自動車産学官連携推進会議 シンポジウム問い合わせ窓口
(地域経済部 自動車・航空機・産業機械担当)
電話:082-224-5760 FAX:082-224-5645
e-mail:jisedai-sympo2017@meti.go.jp
 
« 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 »