広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

国・県などの施策情報

平成29年度「広島県未来チャレンジ資金」の公募開始について(広島県より)
2017-04-18
広島県では,産業の発展に不可欠な,高度で多彩な人材を生み出すため,大学院等専門課程(専門職学位課程,博士課程後期,またはこれに準ずる国内外の教育機関の課程)で高度な知識を身につけ,「将来,広島県内企業等で働きたい!」という方に対して,修学に必要な資金を貸し付けます(無利子)。
 課程修了後9年間のうち,広島県内企業等で8年間就業(継続就業を含む)をしていただくと,貸付金全額の返還を免除されます(一部返還免除もあります)。
広島県産業の発展に貢献したい!という方の募集をお待ちしています!
 
1 支給対象
入学金,授業料及び通学のために転居した場合の住居の賃借料(光熱水費,敷金礼金等は除く)
※ 在学生の場合,原則,授業料のみが対象となります。
2 貸付期間及び限度額
  通常の修学年限によって修了するまでの期間内(3年間を上限)
国内=月額10万円を限度,国外=月額20万円を限度
3 受付期限  
2次募集: 平成29年6月30日〔金〕締切(当日の消印有効)
4 問い合わせ・提出先
 〒730-8511 広島市中区基町10番52号
 広島県商工労働局 産業人材課 人材育成グループ
 電話:082-513-3420 Fax:082-222-5521
 E-mail:syojinzai@pref.hiroshima.lg.jp
第2回 日本サービス大賞」(内閣総理大臣表彰)開催のご案内
2017-04-18
(公財)日本生産性本部 サービス産業生産性協議会では「第2回 日本サービス大賞」(内閣総理大臣表彰)を開催いたします。本賞は、国内の全てのサービス提供事業者(一次産業、二次産業を含む)を対象に、「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を有する"きらり"と光るサービスを幅広く表彰します。
多くのご応募をお待ちしております。
 
【「第2回 日本サービス大賞」 概要】
□応募対象者:「優れたサービスを提供している全ての事業者」
□賞の種類 :内閣総理大臣賞、地方創生大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、 国土交通大臣賞、優秀賞、JETRO理事長賞、審査員特別賞
□スケジュール:
 応募フォーマット公開:2017年5月10日(水)
  応募受付期間 :2017年6月1日(木)~8月31日(木)(15時必着)
  審査期間   :2017年9月~2018年3月
  発表・表彰  :2018年春
□ホームページ:http://service-award.jp
 詳細はホームページをご覧ください。
 
□お問合せ
公益財団法人 日本生産性本部
サービス産業生産性協議会「日本サービス大賞」事務局
東京都渋谷区渋谷3-1-1
TEL:03-3409-1145   FAX:03-3409-1187
E-mail: service-award@jpc-net.jp
試作品の事業化までにかかる費用を助成します~平成29年度新成長ビジネス事業化支援事業~(公益財団法人広島市産業振興センターより)
2017-04-18
 新技術・新製品の開発・事業化に関して公益財団法人広島市産業振興センターや国、地方公共団体の支援を受け、試作の段階に達している案件のうち、新成長ビジネス(エコビジネス、観光ビジネス、医療・福祉関連ビジネス、都市型サービスビジネス)の分野に関連するものに対して、早期事業化を支援するため、事業化に必要な資金の助成及び事業化促進のための専門家派遣を行います。ご利用下さい。
1 事業概要
・対象事業
 新技術・新製品の事業化戦略のブラッシュアップ、具体的な行動計画の策定、試作品の機能、性能及び品質に関する実証・評価・改良及び販路開拓に関する活動とする。
・支援内容
ア 助成金の交付
(ア) 助成対象経費
a 事業化戦略のブラッシュアップ及び具体的な行動計画の策定に要する経費
b 試作品の機能、性能及び品質に関する実証・評価及び改良に要する経費
c 販路開拓に要する経費
(イ) 助成率 助成対象経費の2分の1以内
(ウ) 限度額 300万円
イ 専門家の派遣
 公益財団法人広島市産業振興センターの登録専門家を必要に応じて派遣し、事業化のためのアドバイスを行う。
(ア) 派遣期間 事業認定日から平成31年3月31日まで
 (ただし、次年度の予算措置がなされなかった場合は、平成30年3月31日まで)
(イ) 派遣回数 10回を上限とする。
(ウ) 費用負担 なし
 
2 募集期間
 平成29年4月3日(月)から5月1日(月)17時15分まで(必着)
 期限までに、申込み受付窓口に持参すること 
 ※受付時に事務局からヒアリングを実施します。ヒアリングには2時間程度を要することもあります。
  事前に事務局担当者にご連絡のうえ、ヒアリング日時の予約をお願いします。
 
 電子メールアドレス:assist@ipc.city.hiroshima.jp
SPRINGシンポジウム2017in広島の開催について(中国経済産業局より)
2017-04-18
サービス産業生産性協議会では、サービス産業のイノベーションと生産性向上を通じた成長を支援することを目的に活動しています。この度、中国地域においても、サービス産業の活性化にむけて、多くの優良事例を学ぶ機会として広島でシンポジウムを開催します。
 
・日時:平成29年4月27日(木)13:30~17:00
・場所:アークホテル広島駅南(広島市南区)
・参加費:無料
・申込期限:平成29年4月26日(水)
・申込方法:下記ウェブサイトをご覧ください
 
【基調講演】
 「教育サービスのグローバル化とイノベーション」
  株式会社公文教育研究会 顧問相談役 角田 秋生 氏
【日本サービス大賞事例研究】
 事例①
 「子どもたちに食文化を伝える「考食師」による給食サービス」
  株式会社ミールケア 常務取締役 丸山 寛典 氏
 事例②
 「利用者満足を追求する保育事業~相手の立場に立てるかの追求~」
  株式会社アイグラン 代表取締役 重道 泰造 氏
 
※日本サービス大賞とは
  国内の全てのサービス提供事業者を対象に、多種多様なサービスを 共通の尺度で評価し、“きらり”と光る優れたサービスを表彰する制度。
  第1回は2016年春に行われ、内閣総理大臣賞をクルーズトレイン「ななつ星in九州」が受賞。中国地域では株式会社アイグランが 優秀賞を受賞。第2回は2017年6月応募受付開始予定。
 (参照:事務局ホームページhttp://service-award.jp/about.html
 
・問合せ先:サービス産業生産性協議会(SPRING)事務局 TEL: 03-3409-1189
平成28年度2次補正予算・持続化補助金の追加公募開始について(中国経済産業局より)
2017-04-18
(事業概要)
受付期間:平成29年4月14日(金)~平成29年5月31日(水)【締切日当日消印有効】
対象者:全国の小規模事業者
補助率: 補助対象経費の3分の2以内
補助上限額:50万円
      500万円(複数の事業者が連携した共同事業)
 ※1次公募でありました”賃上げ””雇用対策””海外展開””買物弱者対策”に取り組む事業者ついて補助上限額を100万円まで認める措置は、今回の公募ではございません。
 ※経営者が60歳以上の小規模事業者においては、「事業承継診断表」の提出が必須となります。
 ※事業承継に取り組む事業者からの申請の場合には政策加点があります。(詳細な要件は公募要領をご確認願います。)
 
(全国団体URL)
※公募の詳細については、下記のURLより公募要領等をご参照ください。
全国商工会連合会
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 事務局
« 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 »