広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

中央会からのお知らせ

平成29年度中小企業・中小企業組合関係税制改正のポイントについて(全国中央会より)
2017-01-12
平成29年度税制改正におきまして、中小企業・中小企業組合に関係する事項についてご紹介いたします。

◎平成29年度中小企業・中小企業組合関係税制改正のポイント〔PDF〕

「平成28年度県知事を囲んでの集い 成果志向の行政経営について~しごとの強化書~」開催のご案内
2017-01-10
湯﨑広島県知事が平成28年8月に監修された「しごとの強化書」は、広島県知事就任後、「成果志向の行政経営」に向けた様々な取り組みを紹介されたものであり、自治体関係者の研修教材に採用されるだけでなく民間企業の方にも関心を持たれ、行政マネジメントの基礎基本から、組織・人材・財務・広報など、自治体運営の側面ごとにおさえておくべきポイントと実践方法が網羅されています。「成果志向」の仕組みづくりを進めることは、民間企業においても、今後の企業づくりに大いに役立つものと思われます。
また、青年中央会会員青年部の取り組みについて意見交換し、青年部会員を始め、参加企業・組合の活性化の参考とするため、次のとおり標記の集いを広島市にて開催したいと存じます。
若手経営者・後継者の方を始め、多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申し上げます。
 
◎開催概要
【日時】平成29年2月1日(水)16:30~20:00 
【場所】リーガロイヤルホテル広島
   講演会 3F「瀬戸の間」16:30~18:15
   懇親会32F「ダイヤモンドルーム」18:30~20:00
【出席予定者】組合青年部員、青年経営者、青年後継者等の方 約60名
【参加費】1人8,000円
【内容】
1.講演会 テーマ:(仮題)成果志向の行政経営について~しごとの強化書~
講師:広島県知事 湯﨑英彦 氏
 
2.組合青年部活動事例発表
3.懇親会
【参加申し込み方法】参加申し込みにつきましては、1月17日(火)までに参加申込書に必要事項をご記入いただき、郵送、FAX又はE-mailにてお知らせくださいますようお願いします。 

【連絡先】
広島県中央会本所  TEL(082)228-0926 FAX(082)228-0925
福山支所  TEL(084)922-4258 FAX(084)922-4273
 
【送り先】  〒730-0011 広島市中区基町5-44広島商工会議所ビル6F
FAX(082)228-0925
E-mail:k-shozako@chuokai-hiroshima.or.jp
 
新年のご挨拶
2017-01-04
                                                                                                      広島県中小企業団体中央会 会長 伊藤 學人

 

 平成29年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年の我が国経済は、アベノミクスの取り組みの下、経済再生、デフレ脱却に向けて大きく前進していると言われておりますが、中小企業・小規模事業者においては、人手・人材の不足や最低賃金の引き上げによる人件費の上昇、原材料費の高騰、さらには、英国のEU離脱問題や米国大統領選挙後の影響など、引き続き予断を許さない状況が続いております。

 こうした中、国は、我が国の成長の隘路となっている少子高齢化の流れに歯止めをかけるため、誰もが活躍できる「一億総活躍社会」の実現に向けて「新三本の矢」を掲げました。第一の矢にあたる「希望を生み出す強い経済」においては、600兆円経済の実現のため、中小企業等経営強化法をはじめとした、中小企業・小規模事業者の「稼ぐ力」向上の取り組みを推進しております。

 全国中央会として、昨年10月に石川県で開催された第68回中小企業団体全国大会において、実感ある景気回復と中小企業の経営力の強化、地域を支える中小企業の生産性の向上等を目的として中小企業対策の拡充を決議・要望しました。

 私ども広島県中央会といたしましても、中小企業連携組織の専門支援機関として、会員組合の皆様に寄り添った支援を通じ、組合事業の活性化を積極的に推進しており、中央会の基本業務である相談、指導機能の質的充実を、今後さらに推し進めて参る所存です。また、平成27年3月に立ち上げた「ものづくり連携倶楽部ひろしま」も着実に回を重ねており、多くの企業間交流により、新たな連携、ビジネスチャンス創出に繋がるよう、引き続き積極的に支援して参ります。

 さて、昨年の広島は、広島東洋カープが25年振りのセ・リーグ優勝を飾るとともに、オバマ大統領が現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問した事など、広島が活力に溢れ、全国的にも大きな注目が集まる年となりました。広島県中央会としても、昨年、創立60周年を迎えることができ、これもひとえに、会員組合及び組合員企業の皆様のご支援、ご協力の賜物であると感謝しております。

 今後とも、会員組合及び組合員の皆様との関係強化をはじめ、中央会組織の基盤強化により、役職員一丸となって、これまで以上に皆様のお役に立てるよう、しっかりと取り組んで参る所存です。

 最後になりましたが、本年が各組合、各中小企業の皆様にとりまして、新たな発展の途を切り開く明るい年となりますよう祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

平成29年 元旦

平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募について
2016-11-14
平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募を以下のとおり開始します。

○ 認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者を支援します。
○ 公募に関するご質問については、広島県地域事務局までお尋ねください。

1.事業概要
国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援します。
2.公募期間
・ 受付開始:平成28年11月14日(月)
・ 締  切:平成29年 1月17日(火)〔当日消印有効〕

※ 応募申請は広島県地域事務局へ申請書類をご郵送いただくか、中小企業庁が開設した支援ポータルサイト「ミラサポ」による電子申請(平成29年1月4日(水)開始予定)にてお願いいたします。

3.公募要領等
○ 公募要領 (PDF形式) 
○  【様式1、2】応募申請書様式(革新的サービス) (WORD形式)
○ 【様式1、2】応募申請書様式(ものづくり技術) (WORD形式)
○ 【様式3】雇用・賃金拡充への取組み等に関する誓約・計画書(WORD形式)
○ 提出書類チェックシート(WORD形式)
○ 認定支援機関確認書(WORD形式)
※ 応募申請書は、公募要領の注意事項をご確認のうえ、作成してください。

※ 認定支援機関による不適切な行為の防止について【注意】
<応募される事業者の皆様へ>
一部の認定経営革新等支援機関(※)や補助金申請のコンサルティングをおこなう事業者が、ものづくり補助金への応募を代行すると称し、作業等にかかる費用等と乖離した成功報酬等の費用を中小企業・小規模事業者等に請求する事例が報告されています。
ものづくり補助金は、中小企業・小規模事業者の皆様が、自ら革新的な商品・サービスを開発する自主的な取組を支援するものです。外部のアドバイスを受けたり、技術を導入したりすること自体は問題有りませんが、上記主旨に沿わない申請は採択の対象となりませんのでご注意ください。
なお、成功報酬等と称される費用や補助金申請等にかかる経費に関しては補助対象外です。

<ものづくり補助金に応募する事業者を支援する認定支援機関の皆様へ>
一部の認定経営革新等支援機関による不適切な行為に関する情報が行政当局に寄せられていることを踏まえ、各認定経営革新等支援機関に対し、不適切な行為を慎むよう注意を喚起しています。
各認定経営革新等支援機関におかれては、引き続き、中小企業・小規模事業者等の支援に真摯かつ積極的に取り組んでいただくようお願いします。

● 不適切な行為の例
・補助金申請に関与する際に、作業等にかかる費用等と乖離した成功報酬等の費用を中小企業・小規模事業者等に請求すること
・認定支援機関であることを示しながら、補助金申請代行等の PR や営業活動を行うこと
・支援業務の実施に際して、金額・条件等の不透明な契約を締結すること
・支援業務の実施に際して、中小企業・小規模事業者等や関係機関等に対し、強引な働きかけを行うこと

※中小企業庁ホームページ
認定経営革新等支援機関による不適切な行為の防止について
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2013/131127Nintei.htm


(応募申請書類受付先・お問合せ先)

広島県地域事務局
広島県中小企業団体中央会
        〒730-0011 広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル6F (TEL)082-228-0926
(福山支所)〒720-0067 福山市西町2丁目7-1 福山商工会議所ビル7F (TEL)084-922-4258
「組合経営講習会」を開催しました
2016-10-24
■ 開催日   9月28日(水)

■ 開催場所  三井生命広島駅前ビル

■ 人数    23名

■ 概要

広島県中央会、広島県組合士会、広島県事務局代表者協議会では、9月28日(水)に三井生命広島駅前ビルにおいて、「平成28年度組合経営講習会」を共催しました。
午前の部では、税理士の藤原 正氏より「組合会計上の留意点について」と題して講習が行われました。     
藤原氏は、例年同講習会の組合会計の講師をお願いしていますが、組合会計と企業会計の違いや組合会計の基本的考え方及び税制改正の最新情報など幅広く講習されるため、参加者からは、毎年受講しても業務に役立つ内容であると大変好評を得ています。
午後の部では特定社会保険労務士 青木 秀行氏より「労務管理の今日的課題にどう対応するか~格差問題、ハラスメント等各種リスクの事例と対策~」と題して講習が行われました。近年問題となっている正規非正規の格差問題、ハラスメント対策、過重労働の弊害及び人材確保・定着への取組みについて説明がありました。同一賃金・同一労働の考え方や実現に向けて求められる取組みについて、実際に現場に導入するためのアドバイスも交えながら説明もあり、参加者からの評価も高い講習となりました。
当会としては今後も参加者の業務等に役立つ、時宜を得た講習会を開催することとしています。


経営講習会の様子


講師からは親切丁寧に解説された
 

« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »