広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
084-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

中央会からのお知らせ

第3次 新型コロナ感染拡大防止集中対策の実施について(広島県より)
2021-02-04

 本県では、早い段階から飲食の場・飲酒の場など的を絞った対策を実施しており、県民及び事業者の積極的な協力によって感染の改善傾向が認められておりますが、飲食店等への営業時間短縮の要請を解除した結果、感染状況が再度急速に悪化した事例もあることを踏まえ、引き続き集中的な感染拡大防止対策を図るため、2月8日以降における第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策を実施することとしました。

【集中対策期間】
 令和3年2月8日(月)~2月21日(日)
  ※ただし、日々の感染状況を勘案した更なる対策強化と期間の見直しも念頭において
   取り組んでいく。

 ついては、各事業者におかれましては、「第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策」及び「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための広島県の対処方針(令和2年11月30日一部改正)」に基づき、感染防止対策の徹底に引き続き取り組んでいただきますよう、よろしくお願いします。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP) 
 【参考資料】○第3次新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策(PDF)

 ※感染防止対策に関する在留外国人の方向け資料は以下をご覧下さい。
  「新型コロナウイルスの感染を防ぐため 協力をお願いします」(やさしい日本語) (PDF)
 

「新型コロナウイルス感染症対応資金」の融資限度額の引き上げについて(広島県より)
2021-02-01

 国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を受け、令和2年5月1日から広島県県費預託融資制度において実施している「新型コロナウイルス感染症対応資金」について、緊急事態宣言の再発令を受けた経済産業省の支援措置に対応し、令和3年2月1日から融資限度額を4,000万円から6,000万円に引き上げることとしました。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)

企業紹介動画作成事業費補助金について(広島県より)
2021-01-29
 広島県は、新型コロナウイルス感染症により影響を受ける令和4年3月卒業・修了予定者と県内中小企業者等とのマッチングを支援するために、中小企業者等が自社を紹介する動画の作成に要する経費の一部を補助する事業を実施します。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)
社会保険労務士による相談窓口の期間延長等について(広島県より)
2021-01-29
 広島県では、新型コロナウイルス感染症の影響により事業縮小を余儀なくされている県内事業者の方などを対象に、従業員の雇用維持のために必要な休業手当の取扱いや国の「雇用調整助成金」制度等に関する相談窓口を開設しているところですが、この相談窓口の設置期間を令和3年3月31日(水)まで延長します。
 相談では、労務の専門家である社会保険労務士が、休業手当の支給など労務管理に関する相談に対応するほか、「雇用調整助成金」の申請手続などについて相談ができます。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)
県内業界の景気動向(11月分)を更新しました
2021-01-27
「業務改善助成金」のご案内~ニーズに応えた低額のコースを新設~(広島労働局より)
2021-01-22
 令和2年12月15日に閣議決定された令和2年度第3次補正予算案では、中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)について、本助成金をより一層活用いただけるよう、定額の20円コースを新設することとしています。(令和2年度第3次補正予算案で措置された部分については、同補正予算の成立が前提となります。)

 詳細については、こちらをご覧下さい。(厚生労働省リーフレット)
持続化給付金及び家賃支援給付金の申請期限を2月15日まで延長します(経済産業省より)
2021-01-19
 持続化給付金及び家賃支援給付金の申請期限が1月15日であるとの一部報道がありますが、1月末までにお申し出をいただければ、2月15日まで書類の提出を認めることとします。
 緊急事態宣言の中で申請書類の準備が困難な方も、1月末までに簡単に理由を付してお申し出いただければ、2月15日まで申請いただけます。申請者の方々の事情に応じて柔軟に対応させていただきますので、是非申請ください。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(経済産業省HP)
「ものづくり連携倶楽部ひろしま 第13回講演会」開催のご案内~Withコロナを勝ち抜く!成果を出すスピード経営~
2021-01-15

 新型コロナウイルス感染拡大により、社会全体が大きな転換期を迎えている中、第13回目となる「ものづくり連携倶楽部ひろしま」は、「Withコロナを勝ち抜く!成果を出すスピード経営」を2パートに分けてオンラインで開催します。

 第1部の講演会では、「ものづくりのエンターテイナー」をスローガンに、リモート営業スタイルの確立、若手女性の積極採用、物流最適化に特化したスマート工場を有する「スピード経営」の金属加工企業。株式会社テルミックの取り組みをご紹介します。
 第2部の事例発表会では、新型コロナウイルスの感染拡大などの環境変化にも対応して新商品・新事業展開を行っている2社の事例をご紹介します。
 各企業のビジネス展開を参考にしていただきたく、多数のご参加を賜りますようご案内申し上げます。
 
■日時:令和3年2月10日(水)14:00~16:00
【講 演 会】第1部(14:05~15:05)
「Withコロナを勝ち抜く!成果を出すスピード経営」
 講師:株式会社テルミック 代表取締役 田中 秀範 氏
 (ホームページ)https://www.tel-mic.co.jp/company/
 (サービスサイト)https://www.tel-mic.com
【事例発表会】第2部(15:15~16:00)(第2部)
 株式会社京泉工業・シードカンパニーLLC
  発表者:シードカンパニーLLC 代表社員 楠原 和彦 氏
 株式会社アカネ
  発表者:代表取締役 砂本 健市 氏
■場所:オンライン(Zoom開催)(※PC端末と、インターネット環境が必要です)
■招待URL:申込頂いた方に個別でメールにてご案内します
■対象:組合及び組合員企業、賛助会員、ものづくり補助金採択企業等
■定員:100名
■参加費:無 料
 
※詳細及び参加申込みはこちらよりお願い致します。(PDFチラシ)
新たなビジネスモデル構築支援事業(実装支援)補助事業者(県内モニター事業者)を募集します(広島県より) 
2021-01-15
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の収束が見通せない中,サービス業等における 県内中小企業者が行うICTツールの活用を通して、「新しい生活様式」に対応した新たなビジネスモデルの構築に向けた取組を支援します。
 県が選定したプロジェクト(既存のデジタルサービスのカスタマイズや組み合わせ等による新たなデジタルサービスを実施すること。)のうち、希望するデジタルサービスにモニターとして参加し、そのデジタルサービスを活用した生産性向上の効果や使いやすさ、改善点について、積極的にサービス提供者にフィードバックし、県内中小企業者向けのデジタルサービスの創出に繋がるよう協力いただきます。

詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)
新たなビジネスモデル構築支援事業(導入支援)補助金のご案内《IT導入補助金C類型ー2型の上乗せ補助金》(広島県より) 
2021-01-15
  国の「令和2年度補正予算 サービス等生産性向上IT導入支援事業(特別枠C類型-2)」に係る補助金を活用して非対面型ビジネスモデルへの転換等に取り組む事業者に対し,自己負担の一部を補助(上乗せ補助)します。(令和2年6月30日以降に「令和2年度補正予算 サービス等生産性向上IT導入支援事業(特別枠C類型-2)」補助金(1次締切分(令和2年5月11日受付開始)~9次締切分(令和2年12月18日受付締切)))の交付決定を受けられた方が対象になります)

詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)
新型コロナウイルス感染症に係る派遣労働者の雇用維持等に関する要請について(厚生労働省より)
2021-01-15
 厚生労働省より、このたび、全国中小企業団体中央会に対し、新型コロナウイルス感染症に係る派遣労働者の雇用維持等に関する要請がありました。

詳細はこちらをご覧下さい。(厚生労働省HP)
緊急事態宣言発出を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について(厚生労働省より)
2021-01-13
 厚生労働省は、1月8日、全国中小企業団体中央会に対し、緊急事態宣言発出を踏まえたテレワークの積極的な活用、職場における感染予防、健康管理の強化等を、傘下団体などに向け周知するよう協力を依頼しました。
 今回の協力依頼は、1月7日に改定された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえたものです。特定都道府県におけるテレワークなどの積極的な活用の他、特定都道府県以外の地域も含めた感染予防対策の徹底を改めて促すものです。

詳細については、こちらご覧下さい。(厚生労働省HP)

 
労働事情実態調査報告書(令和2年度分)をアップしました
2021-01-07
「AI人材育成オンライン講座」の開催について(県立広島大学より)
2021-01-04
 AI分野の専門人材は広島県内に限らず国内では大幅に不足しています。県立広島大学では、AI技術を活用した新たな事業・産業を創出する人材育成講座を実施します。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(県立広島大学HP)
新年のご挨拶
2021-01-01
                                                                                                     
広島県中小企業団体中央会 会長 伊藤 學人

 

 令和3年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申しあげます。
 
 昨年は、ご存じのとおり、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大が我が国の社会・経済にも大きな影響を与える一年となりました。行動制限・自粛要請などで巣ごもり生活を余儀なくされ、企業経営においてはテレワークといった新しい働き方を経験された方も多かったかと思います。今やソーシャルディスタンスの確保やマスク着用が当たり前の生活になるなど、コロナ禍にどう向き合うか大変な試練の年となりました。
 
 特効薬やワクチンの開発状況もまだ道半ばであり、新型コロナウイルスへの対応や社会の大きな変化には、長期的視点を持って向き合わなければなりません。我々経営者は本業を通じて社会に貢献し、雇用を守ることが最大の使命ですが、このような変革が求められる時代には、本業を守りつつも新たな事業へチャレンジする姿勢がとても大切です。
 
 当会が昨年10月に実施した「With・Afterコロナにおける事業経営調査」では、約1,000社からの回答のうち、「ビジネスモデルの見直しや再構築に取組みたい」といった声が半数以上と最も多く、こうしたことを裏付ける結果となりました。
 
 私ども広島県中央会としては、今後の“グレートリセット”ともいわれる大きな社会変革が求められる時代には、経営者の多くが検討される新たな経営戦略の策定支援が重要であると考え、長期的な持続可能性を追求するSDGsなどの新しい視点を持って、中小企業支援に努めて参ります。
 
 当会では、昨年4月に、第6次3カ年計画「広島県中央会ビジョン2020」を策定いたしました。当ビジョンに基づき、新型コロナウイルスに向き合う会員組合、関係の企業の皆様のため、組織の力を結集して、さらに上質の支援サービスの提供に努め、今後も地域の経済発展の一翼が担えるよう努力して参ります。
 
 最後になりましたが、新型コロナウイルスの早期の収束を願うとともに、本年が皆さんにとって良い年となることを祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。
 
                                                                                                         令和3年元旦
 
 
新型コロナウィルス感染症対策の外国人への周知について(広島県より)
2020-12-25

 11月下旬以降、広島市内を中心に新型コロナ感染者数は急増し、広島市近隣にも感染が広がっているほか、県内全域にわたって拡大基調となっています。このため12月12日から1月3日までの「新型コロナ感染拡大防止集中対策」を、1月17日まで延長するほか、対象地域を広島市ほか近隣(廿日市市、府中町、海田町、坂町)に広げて取り組むこととしました。
 つきましては、在住外国人への周知について、以下をご参照の上、御協力いただきますようお願いいたします。

○広島在住外国人生活情報サイト“Live in Hiroshima”
○「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト(機械翻訳)リンク
 「新型コロナ感染拡大防止集中対策」への協力のお願い

 

 

県内業界の景気動向(10月分)を更新しました
2020-12-25
年末年始の業務の休止について(ご案内)
2020-12-25

広島県中小企業団体中央会では、年末年始の期間、諸業務を休止させていただきます。
 2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)

※新年の業務開始は下記の通りとなっております。
 2021年1月4日(月)午前8時30分より

ものづくり地域事務局年末年始お休みのお知らせ
2020-12-25

 ものづくり補助金・広島県地域事務局(広島・福山)では、12月28日(月)~1月4日(月)を年末年始のお休みとさせていただきます。
  ※1月5日(火)以降は、通常通り営業(9:00~17:00)いたします。

 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 

従業員が新型コロナウイルスに感染したときの対応について(広島県より)
2020-12-25
 個別の感染事例を職場内クラスターに発展させないために、従業員の調子が悪い時は雇用主が従業員を休ませ、早期受診に繋げるとともに、適切な対応を講じる必要があります。
 事業所の受付や会議室、食堂など人が集まる場所に「広島コロナお知らせQR 」コードを積極的に設置しましょう。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県リーフレット)
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »