広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

組合ニュース

【各地の組合活動】広島市北部造園協同組合~「造形的庭園」の提案により付加価値の高い新たな受注を目指す~
2016-02-15
広島市北部造園協同組合(理事⻑ 栗尾勝三)は、「古典技術と先進技術の融合による造形的庭園の提案と販路拡大」をテーマとし、平成27年度中小企業組合等活路開拓事業(展⽰会等出展事業)を実施しました。
当事業は、日本住宅や和洋折衷住宅での庭造りに自然界の植物や石を使⽤し、古典技術と先進技術の融合によりこれらを人工的に造形・加工することで、より付加価値の⾼い「造形的庭園」として顧客に提案することを⽬的として実施。昨年の10⽉14日~16日に千葉市で開催された「第9回国際ガーデンEXPO」にてこれらのモデル庭園を出展し、アンケート調査を行うことで新たな付加価値の⾼い業務での販路開拓を図ることとしました。展⽰会では組合にて製作した創作竹垣に加え、五行石などの⽬新しい形状と広島県産御影石の特異性が造園・園芸業者、ホームセンター関係者などの関心を集め、今後の受注に繋がる有意義な情報を収集することができました。栗尾理事⻑は、「アンケート調査結果をもとに更に分析を行い、問い合わせのあった企業については継続的にアポイントを取り、組合の受注に繋げていきたい。また、課題として浮き彫りとなった現地での施工対応などについては、引き続き組合内部で検討し、対応できる技術力、組織力を身につけていくことが必要である。」と語られました。


「国際ガーデンEXPO」会場の様子


出展したモデル庭園
【各地の組合活動】コイン通り商店街振興組合 広島市佐伯区3商店街連携による「第1回まちゼミ」を開催
2015-12-15
 コイン通り商店街振興組合(理事長 廣川和明)は、10月1日から31日にかけて、広島市佐伯区内にある楽々園センター商店街振興組合、八幡本通り商店街と連携し、「第1回まちゼミ」を開催しました。〝まちゼミ〝とは、店主等が講師となってプロならではのコツや知識、趣味などを無料で教える少人数のミニ講座であり、顧客に店舗を知ってもらい、ファンづくりに徹することで新規顧客を開拓し、個店や商店街の活性化を図ることを目的に開催しています。
今回は、講座を「きれい」「健康」「たべる」「まなぶ」の4つのカテゴリーに分け、3商店街の組合員22店舗において、日本茶専門店による「本格日本茶体験講座」、酒店による「ワインセミナー」、呉服店による「着物の仕分け・鑑定講座」など計35の講座が開催され、多くの受講者が参加しました。
廣川理事長は「まちゼミを通してお客さんに各店舗の魅力に直接触れてもらい、店舗や商店街に行く楽しみを知ってもらいたい。今後は今回の反省点・課題をしっかりと検証しつつ、参加店舗をもっと増やしていき、第2回の開催に繋げていきたい。」と語られました。
当商店街では、今後も3商店街連携による〝まちゼミ〝の開催を続けていくこととしており、次年度に第2回の開催を予定しています。

茶店による「本格日本茶体験講座」
【各地の組合活動】横川商店街振興組合 「横川ゾンビナイト」 ~横川にゾンビ出現!?~
2015-12-15
 ハロウィンに合わせて、ゾンビにちなんだイベントが楽しめる「横川ゾンビナイト」が10月30、31日、横川商店街で開催されました。主催したのは横川商店街振興組合(理事長 村上正)。横川駅前に設置した「ゾンビ感染所」は大好評で、傷や血に見えるゾンビ風フェイスペイントを求めて一時は2時間待ちとなるほど大勢の人が列をつくりました。そのほか、たくさんのゾンビが突然踊りだす「フラッシュモブ」やギャラリー、映像アトラクション等、豊富な企画・催しが行われ、商店街一帯は2日間で約2万人の来街者があり大いに賑わいました。商店街店舗も積極的に参加し、ハロウィンおなじみのお菓子を提供。来店する子供達の「trick or treat」の合言葉と、多くの家族連れの笑顔が商店街に溢れました。村上理事長は、「横川に集まってくれるアーティストや学生、学校・企業関係者等を巻き込みイベントを企画した。ハロウィンにちなみゾンビまつりをしたいという熱い想いに商店街全体が感染した結果、盛大なイベントが出来た。横川は元気な下町、普段着で来れる町が目標。想いのある人の活動拠点として愛され、それが街の商店街はゾンビペイントの集団で埋め尽くされた 元気に繋がれば嬉しい。」と抱負を語りました。



商店街はゾンビペイントの集団で埋め尽くされた
【各地の組合活動】福山船町宝船会商店街振興組合 アーケードリニューアル完成式典を開催
2015-12-15
 福山船町宝船会商店街振興組合(理事長 平谷清)は11月21日、アーケードリニューアル完成記念式典を開催しました。式典には来賓として佐藤福山市副市長、神原福山市市議会副議長、佐々木福山商工会議所産業部長、高田福山市商店街振興組合連合会理事長が出席されました。式典後、福山駅前の商店街の代表者による通り初めが行われました。アーケードは昭和45年に設置され非常に頑丈な作りから「100年は大丈夫」と言われていましたが、近年、天井からの雨漏り等で安心して買い物出来ないとの声があり、商店街まちづくり事業(通称:まちづくり補助金)を活用しリニューアルしました。今回はアーケードのリニューアルに加え、電灯LED化や防犯カメラの設置も行い、「安全・安心な商店街」へと生まれ変わりました。平谷理事長は「アーケードの撤去話もあったが、雨や強い日差しを遮り快適に買い物をしてもらいたいとの思いからリニューアルを選択しハード面が整った。今後はソフト事業の強化を考えており、『二上り踊り』『福山とんど』など福山市の伝統文化を商店街周辺の住民を巻き込んで実施し、賑わいと活力ある商店街にしていきたい。」と抱負を語られました。


完成を祝うテープカット


天井を改修し明るい商店街に様変わり
【各地の組合活動】広島県中小企業共済協同組合 「創立60周年記念式典」を開催
2015-12-15
 広島県中小企業共済協同組合(理事長 林恵介)は、11月18日、ANAクラウンプラザホテル広島において創立60周年記念式典を開催し、約170名が出席されました。
記念式典では、林理事長挨拶の後、来賓の高垣広徳広島県副知事、小野正中国経済産業局産業部長、伊藤學人広島県中央会会長、青木稔和株式会社商工組合中央金庫広島支店長より祝辞が述べられました。その後は、組合誕生から現在に至るまでの「60年の歩み」と題したビデオが上映されました。記念講演では、野村修也中央大学法科大学院教授、森・濱田松本法律事務所客員弁護士による「地方創生とコミュニティの力」と題した記念講演が行われました。
記念講演終了後は祝宴が開かれ、組合創立60周年を祝う鏡開きも行われるなど、終始和やかな雰囲気のなか、盛会裏に閉幕となりました。


挨拶する林理事長


創立60周年を祝う式典会場の様子
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »