広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

トップに聞く!組合・企業インタビュー

ユニテック工業株式会社 “100年続く企業を目指す” 

2017-03-17

 “100年続く企業を目指す”
ユニテック工業株式会社
代表取締役 田口 裕司 氏
御社について
 当社は電動シリンダと油圧・電動リフタの製造販売を行う機械メーカーです。1985年の創業当時から、お客さまからの依頼に応じて機械を作る一品生産をしていましたが、2003年からは電動シリンダと油圧・電動リフタの2製品への注力を開始しました。電動シリンダと油圧・電動リフタのことなら製造部署に限らず、営業でも事務でもすべての社員がお客さまの期待に応えられる知識と技術レベルになることを目指しています。また、100年続く企業を目指して、企業文化の継承と人材の育成に取り組んでいます。

主力製品について
創業当初は、設計から製造まで可能であるという強みをいかして、産業機械をはじめとしてお客さまからの要望があれば何でも作っていました。機械作りが好きだという先代社長の想いと自社が持つ経験、技術によって、印刷機械、バッティングマシーンなど幅広いものづくりを行っていましたが、一品物の製造となると、打ち合わせを重ねてニーズを汲み取り、試作製造、実機と時間もコストもかかります。そこで、製品を絞り込んで製造を行うことで、受注を安定させ、ノウハウの蓄積を進めることにしました。シリンダの製造においては後発メーカーであったので、価格面での悩みもありました。コストはかかるのに安価でなければ買ってもらうことができず、機械づくりへの熱意と経営の両立には非常に苦労しました。しかし、2003年からリフタの製造部門が加わったことが好機となり、製鉄業界向けの電動シリンダと自動車整備、検査機関向けのテーブルリフタ、この2つが柱となって経営も安定し、上向いていきました。
 



新たな取り組みについて
ものづくり補助金を活用して、新たにNC旋盤と生産管理システムを導入しました。特に生産管理業務の改善には大きな効果を発揮しており、製品の受注時から使用する部品1つ1つを紐付けし、出荷に至るまでの全工程が見える化できます。まだまだ改善の余地がありますが、今まで現場ではわからなかったコストや生産工程の管理がその都度可能になり、社員自身でやり方を考えることもできますし、生産性に加えて、工程全体の把握ができることで社員のモチベーションも上がりました。
 また、顧客対応体制の構築を推進しています。商品のことを聞かれたときには、全社員が完璧な対応ができる会社となり、お客さまからの期待を上回るサービスを提供できれば、1つの仕事だけではなく、さらに次の仕事も当社に、ということになるでしょう。
 


人を育てることについて
当社は100年続く企業へと発展するという目標を持っています。その実現には人を育てることが一番の要です。将来の発展を見据えて5年後、10年後のビジョンを考える中で、ビジョンの実現には会社として人を育て、お客さまに満足いただけるサービスを提供することが重要だと考えました。具体的なビジョンとしては、特定の業界に絞って電動シリンダ、テーブルリフタのトップシェアとなること、また、潮流発電事業などの新エネルギー分野へと参入していくことです。これらの達成に向けて考えることで、漠然としていた経営計画も明確になり、具体的な課題、数値が得られました。人との繋がりや採用、情報、様々な機関との関わりなどについて、目的を持って考えることができるようになり、いろいろな場面で役に立っています。

将来について
ビジョンの実現に向けて考えていることはたくさんあります。プラスになると考えたこと、また悩んだときはチャレンジしてみるという考え方で実現に向かって進んでいます。社員にも会社の目指すところを理解して欲しいことから、少しずつ話すようにしています。人を育てることは時間がかかりますが、社員全員が当社の企業文化に基づいた考えができるようになれば大きな効果が生まれます。今まで行っていなかった売上目標の提示や、達成時の報奨制度、家族向けの会社案内などを実施することで、会社の目指すところを丁寧に伝え、一人一人が当社の文化を受け継いでもらえればと考えています。そして、社員が会社のために頑張れるような会社になって、お客さまに商品やサービスを提供していきたいです。
 
 
広島県福山市南松永町3丁目5-45
T E L:084-933-4027
FAX:084-933-4366